投稿

イメージ
第 1 章 2020 疫病の年     10月の放談 
10月の贈り物
           2020.10.25 by Tomoko   La version française de ce blog sera publiée dimanche prochain(01.11.2020) For Translation into English or other languages, please use DeepL translator : www.deepl.com (日本語のブログはTomoko,Chiyokoが交代で日曜日ごとに発信します。フランス語版はTomokoのブログのみ隔週の日曜日発信です。)
 子供の秋休み


フランスでは11月1日の万聖節(la Toussaint)を挟んで、2週間の秋休みがある。両親が共稼ぎの場合は、子供たちの面倒は誰かに頼まなければならなくなる。我が家でも孫たちが親元を離れ一週間を過ごした。子供を預かるとなると、いろいろ活動させなければならない。知り合いの子供たちも来て、折り紙教室をやった。この子供たちとは、娘息子が通っていた村の小学校の同級生たちの子供たちなど。月日の経つのは早い。折り紙はフランスでも広まっており、人気がある。




パジャマのままチェスで遊ぶ孫。  お休み中だからまあいいか。





嬉しい出会い
10月は人に会う機会が多かった。よく会う友だちもさることながら、久しぶりに会う友人もいた。その人たちの子供たちは、私の娘や息子の幼稚園、小学校の頃のお友達だったが、大人になり、思い思いの人生を歩んでいて、連れ合いや子供がいる人がほとんどになった。『・・・ちゃんはどうしてるの』と聞くたび、いろいろな答えが返って来て、頼もしかった。 これら若い人たちは、高度な教育を受けているが、総じて勤め人でない人が多い。それは私の友人たちがそこに価値を置かないで育てたからなのか、とにかく皆自分の好きなこと、やりたいことを追求しながらしっかり生きているのに感心した。
ちなみに、ローザンヌ近くのMorges(モルジュ)というレマン湖沿いの美しい街にある、書店Le Petit Princeのご家族とは、ずっとご無沙汰していたがご夫婦にお会いできた。日本人のご主人は脱サラで、好きな読書ができる本屋さんを経営しておられる。



Emilyの誕生日
エミリーは息子が村の小学校で同級生だった…
イメージ
第 1 章 2020 疫病の年     10月の放談 コロナ禍で籠城、ペスト文学に親しむ    2020.10.18 by Chiyoko   For Translation into English or other languages, please use DeepL translator : www.deepl.com (日本語のブログはChiyoko,Tomokoが交代で日曜日ごとに発信します。フランス語版はTomokoのブログのみ隔週の日曜日発信です。) (1) A.シュティフター『石さまざま』より『みかげ石』
●図書館の本を借りる2020年はコロナ感染防止のため、4月からずっと在宅の日々が続いた。カミュ『ペスト』を読んでみようかと近隣図書館の蔵書を検索した。お目当ての本、カミュ『ペスト』はすぐに探し当てたが、借りたい人が私の前になんと30人待ちという表示が出てきた。そこでカミュ『ペスト』はあきらめ、別の本を探すことにして、「ペスト、文学作品」と検索。その結果、欧州を繰り返し襲ったペスト禍を題材にした作品をいくつか見つけ、予約した。しばらくしたら、図書館から「ご希望の本が準備できましたから、×月×日までに市民図書室迄おいでください」というメールが届いた。公共図書館の貸し出しシステムは実に便利である。わが町の場合、市立図書館の蔵書はインターネットで貸し出し予約ができる。その上、予約した本は数日中にウチの近所の公民館併設の図書室に配送され、そこで借りだすことができる。コロナで公共施設が休館となる直前の4月に、私はこうして図書館の本を借りた。まもなく図書館はコロナで休館してしまった。借りた本は図書館休館中は返却しなくてよいことになり、その結果約一か月半の貸出期間ということになった。このゆとりは、コロナ休みの恩恵であった。● 『世界の文学⒕ ケラー・シュティフター』さて、図書館から借りた本のうちの一冊は、中央公論社『世界の文学⒕』だった。所収のシュティフター「石さまざま」第一作の「みかげ石」は、かつて学生のころに読んだ作品。作品の名前にはかすかな記憶があったとはいえ、内容はすっかり忘れていた。それでも、若い時に丁寧に読んだ作品だけに、改めて読み進むうちに、その文章の一つ一つが懐かしく親しみ深く感じられた。だが、その親しみ深い文章を記憶と共にたどるうち、どうも何かが違うと…
イメージ
Blog de deux cousines, Chiyoko et TomokoまたいとこのブログChapitre 1 : 2020 Année de l'épidémie - Les divagations d'octobre Défendons la liberté!           18.10.2020 par Tomoko  
La version française du blog publiée dimanche dernier 11.10.2020 【Traduction en français par Bernard et Tomoko Prochaine version française sera publiée dimanche le 01.11.2020

■Notre chat Mitsu - Suite du journal de Chiyoko sur les chats
Le bon côté des chats, c'est qu'ils sont libres. Quand je suis en train d'écrire,  Mitsu monte sur mes genoux pour demander mon affection. Elle tourne plusieurs fois sur elle-même avant de trouver la position la plus confortable possible.
Une fois qu'elle a trouvé sa place, elle a besoin de mes mains comme oreiller. Alors je suis obligée de rester immobile et de garder mes mains sous son cou . 
Mais désolée Mitsuko, je ne peux plus continuer de ne pas bouger!
Je change donc ma posture. Mitsu, qui se trouvait bien, n'est pas contente de la nouvelle position, elle …
イメージ
第 1 章 2020 疫病の年     10月の放談 自由が侵されていく!
           2020.10.11 by Tomoko  
La version française de ce blog sera publiée dimanche prochain(18.10.2020)For Translation into English or other languages, please use DeepL translator : www.deepl.com (日本語のブログはTomoko,Chiyokoが交代で日曜日ごとに発信します。フランス語版はTomokoのブログのみ隔週の日曜日発信です。)

■猫記Mitsu版

千代子さんの猫記に続けて。

猫のいいところ、猫は自由であること。家の猫のMitsuは書き物をする私の膝の上
に甘えに乗って来るが、最高の居心地をとことんみつけるためぐるぐる動き回る。
私とくっついているときは、枕となる手が必要となるので、私も書いている手を猫
の首の下においたまま、じっとしていなければならない。それもずっと続けるわけ
には行かないので、私は姿勢を変える。するとMitsuはいったん見つけた居心地が
求めた居心地とちがってくるので、またごそごそうごめくのだが、それも無駄と察
すると、もうここに居座る価値はないわ、という風をして、パッと飛び降り、他の
いい居心地を求めてどこかに消えてしまう。もう私の存在は見捨てられている。そ
うそうそれでいい。自由にしなさい。日当たりのいいところやふわふわした絨毯の
上に行きなさい。そういう所では、アナタは背中を擦り付けて体をくねらせ、実に
気持ちよさそうにしているじゃない…

さっきどこかに行ってしまったMitsuが、また戻って来た。


■日本学術会議の任命拒否の問題最近、日本学術会議で推薦された学者6名が、説明もなく政府により任命を拒否されたという事態は深刻である。任命に関していえば、憲法の天皇の項では、天皇は国会の指令に基づいて内閣総理大臣を任命する、または、内閣の指令に基づいて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する、という任命権がある、と定められている。つまり、天皇は、いかなる内閣総理大臣をも(好みでないと思っても)任命を拒否する権利などないのである。任命とは形式的、儀礼的行為なのに、突然、総理大臣は任命拒否の権利を正当化しよ…
イメージ
第 1 章 2020 疫病の年     10月の放談 コガラと2匹の仔猫たち
   2020.10.04 by Chiyoko  
For Translation into English or other languages, please use DeepL translator : www.deepl.com (日本語のブログはChiyoko,Tomokoが交代で日曜日ごとに発信します。フランス語版はTomokoのブログのみ隔週の日曜日発信です。)コガラと2匹の仔猫たち■ハハシマコの「五つよろしく」  2011年春、ハハシマコと呼んだ母ネコが出入りするようになった。ネコ缶詰を出してやると、大きなかたまりを口にくわえて姿を消す。どうやら仔猫に運んでいるのだろうと思われた。そうこうするうちに、ある日ハハシマコは仔猫を引き連れて我が家にやってきた。一匹、二匹、三匹、四匹、ウヘ~と思ったら最後にもう一匹、合計5匹の仔猫が我が家にご飯を食べに来るようになった。ご飯のあとは庭で昼寝したり遊んだり、とても賑やか。そこへサバ柄の鈴ジイも加わり、我が家の庭は7匹のネコが居ついた。仔猫はいつの間にかハハシマコと同じくらいに成長した。よくぞ大きくなって、、、と思っていたのだが、ハハシマコはある日つと姿を消してしまった。やられた、五つよろしく、だったと気づいたときはもう後の祭り。。。我が家にはハハシマコに託された5匹の仔猫が駆け回るようになった。その中で、首に鈴をつけていた鈴ジイは仔猫に交じってミルクを飲んだりして、穏やかな日々を過ごしていた。
5匹に命名、2匹が定着5匹の仔猫たちにも命名した。鈴ジイと同じサバ柄のやんちゃ坊主は、その強引強欲な雰囲気が当時隆盛だった相撲の横綱朝青龍に通じるから、湘南の湘の字をもらい、湘龍(しょうりゅう)。2匹の黒猫は宅急便にちなんでヤマトとタクちゃん、ハハシマコに柄が似ている女の子はシマコ、そして最後にもう一人の女の子はご面相が怪傑ゾロみたいだというのでゾロ子ちゃん。シマコとゾロ子ちゃんは、庭ネコしてもらうなら手術が必要だったので、近所の動物病院に連れて行って、避妊手術をしてもらった。シマコもゾロ子ちゃんも、手術はどうにか受けてくれたけれども、病院から帰ってきたら、それっきり姿を隠してしまった。よほど不愉快だったのだろうと思う。翌年の春、タクちゃんはその…
イメージ
Blog de deux cousines, Chiyoko et Tomokoまたいとこのブログ
Chapitre 1 : 2020 Année de l'épidémie - Les divagations d'octobreNotre tranquillité est envahie !
           04.10.2020 by Tomoko  
La version française du blog publiée dimanche dernier 27 septembre 2020 【Traduction en français par Bernard et Tomoko Prochaine version française sera publiée dimanche le 18.10.2020
Présentation des auteurs du blogLes auteurs, Chiyoko et Tomoko, sont cousines issues de germains. Elles s'étaient certainement rencontrées avec leurs parents quand elles étaient enfants, mais elles ne s’étaient jamais beaucoup vues par la suite. Il y a environ 5 ans, elles se sont rencontrées presque par hasard dans une petite ville située à la frontière franco-suisse, près de Genève, et entretiennent depuis des relations amicales. Etant géographiquement éloignées l’une de l’autre, l’une étant en France et l’autre au Japon, et ayant de nombreux intérêts communs, elles ont décidé d'échanger leurs blogs et de parler de…